発生する税金 〜 「FX/CFD口座開設ガイド」

FX/CFD口座開設ガイド
発生する税金
FXで利益が出た場合、その分を確定申告して税金を納めなければなりません。

FXの利益は雑所得であり、通常の給与所得とは異なる種類に分類されます。
法律では、給与所得以外の収入が20万円を超えた場合、税金を払わなければなりません。

税金は次のようになります。
通常はピンク色の部分が支払うべき税金となります。

課税所得金額 税額
くりっく365
(申告分離課税)
非取引所取引
(総合課税)
195万円以下 20% 15%(所得税5%+住民税10%)
195万円超〜330万円以下 20%(所得税10%+住民税10%)
330万円超〜695万円以下 30%(所得税20%+住民税10%)
695万円超〜900万円以下 33%(所得税23%+住民税10%)
900万円超〜1,800万円以下 43%(所得税33%+住民税10%)
1,800万円超 50%(所得税40%+住民税10%)

上の図のようにFXでの利益が330万円を超える場合、「くりっく365」というシステムの方が通常よりも税金が安くなることがわかります。

スワップ金利とは
「くりっく365」とは、東京金融取引所が開設・運営している取引所で行うFX(外国為替証拠金取引)のことで、より安全な取引を行うために、2005年度より作られたものです。

上記表で示した通り、「くりっく365」で取引をして利益を上げた分に関する税金は申告分離課税という扱いになり、税率は一律20%になります。

利益が330万円を超えるようなら「くりっく365」を検討した方がよいですが、利益が195万円以下だと逆に税率が高くなってしまうので注意が必要です。

about
approach
basic
company
FX/CFD口座開設ガイド > FXの入門編 > 発生する税金
Copyright (C) 2010 FX/CFD口座開設ガイド All Right Reserved.